« 怠け者の夢 | Main | 混んだ道で携帯を使う意外な理由 »

2006.02.13

バレンタインデーに思う

明日14日はバレンタインデーであるが、ニュースによるとOLの7割がバレンタインデーが無ければ良いと思っているらしい。
バレンタインデーはチョコレートメーカーの策略であるが、確かに冗談でもチョコレートを買ってくれないと困るであろう。
「今年は高級タイプが売れてます」というのも、毎年デパートが言っている。
どんなに馬鹿げていると言われても、バレンタインデーの習慣は今後も続く。

バレンタインデーに似たものとして社員旅行がある。OLのほとんどは行きたいはずのないものであるが、旅行会社や観光地は、企業には是が非でも継続していただく必要がある。

さらに、高校野球、紅白歌合戦、NHK青年の主張コンクール、24時間テレビ愛は地球を救う・・・というのも全く同じものなのだ。
自分で頭を使える人であれば、これら全部に奇妙さを感じているはずだ。しかし、日本人にこれらの行事を抗うことなくやらせている何者かがある。何者かとは一言で言えば文化というものである。個人に犠牲は強いても、文化が機能を果たすことは全体の平和には貢献するかもしれない。あまり創造的とはいえないが。

|

« 怠け者の夢 | Main | 混んだ道で携帯を使う意外な理由 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference バレンタインデーに思う:

« 怠け者の夢 | Main | 混んだ道で携帯を使う意外な理由 »