« 弓と巫女さん | Main | 今年は巨人が優勝する理由 »

2006.01.02

乙女の恐れ

恐怖小説の挿絵のような気分で描きました。
単に可愛い女の子の下着姿のようなものを描きたかったという説もあります(笑)。
恐怖小説といえば、L.ロン.ハバートの「フィアー」が最高でした。「リング」などとは全く違う、ある意味、あまりに身近な恐さがあります。誰の人生にも48時間が奪われることがあるという・・・。ブラッド・ベリが、スティーブン・キングがアシモフが絶賛するだけのことはあります。
作者のハバートは、トム・クルーズやジョン・トラボルタが熱心に信仰する宗教団体「サイエントロージー」の教祖としても有名ですが、個人的な考えでは、後から教祖に祭り上げられたという感じもします。人間離れしたあまりに優秀な人でした。

fear

|

« 弓と巫女さん | Main | 今年は巨人が優勝する理由 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/7964403

Listed below are links to weblogs that reference 乙女の恐れ:

« 弓と巫女さん | Main | 今年は巨人が優勝する理由 »