« 女の子を天使に譬える訳 | Main | 現在のNHKに公共性など期待していない »

2006.01.26

孫はなぜ可愛いか?

6年以上前だが大泉逸郎さんの「孫」が大ヒットした。
歌いだしの歌詞は「なんでこんなにかわいいのかよ」だったと思う。
質問形なら返事すべきと思うが、答えは、

単にそう(孫を可愛いと思い込むよう)条件付けられているからである。
洗脳と言っても差し支えないかもしれない。

である。
こんなことを言うと、「アンタ、間違ってる」という自分の感情を塵ほども疑わず、人でなしを見るような顔で攻撃してくる者も多いかもしれない。
しかし、私は、かなりの確信を持って、「孫は可愛いものだと思い込まされている」に過ぎないと思っている。

孫を少しも可愛いと思わない老人というのはかなりいるが、これらの人が人格上の欠陥があるとか、もうろくしていると言えるわけではない。
可愛くないとはいっても、必要ならちゃんと面倒を見るし、孫を楽しませるよう努力したり、お土産を買ってあげる場合も珍しくはない。それで孫が喜べば、やはりそれなりに嬉しいのである。また、いるはずの孫が見当たらないとちゃんと心配する。
しかし、孫に会わないなら会わないで別に構わないし、一緒にいて心躍るわけでもない。むしろ、あまり世話する時間が長いと、素直に嫌がる(無論、孫や両親への気遣いはする場合が多い)。
間違っても、孫の写真やビデオ映像を他人に見せて自慢することもない。
よく考えると、こちらが正常かもしれない。

親、特に母親は一生子供を気遣うのが普通で、それこそが海よりも深い母の愛と思っている人も多いと思う。
しかし、これも本人は無自覚だろうが、母親が後天的に思い込まされたものだと思う。

こんな親はむしろ弊害がある場合が多い。子供をいつまでも束縛し、子供の方もなかなか家を出ず精神的(あるいは経済的に)自立できない場合が多い。
むしろ、子供がある程度の年齢になればごく普通に全く束縛や口出しをせず、15・6にもなれば家を出ても別段不思議ではなく、取り立てて心配しない。親がそう思っているから子供も早く自立する。
それでいて、たまに会えば結構仲が良いのである。

なぜ子や孫に非常な愛情(執着)を持つよう条件付けるような精神のプログラミングが行われるのかはよく分からないが、やはり人間の子供はあらゆる動物の中で著しく自活能力がないため、長きに渡り親にその面倒を見させ、万一親に不都合がある場合には祖父・祖母が代理を務めることができるよう、このような条件付けが必要であり、それが様々な文化で多少の違いはあるにせよ、子や孫に強い愛着が存在するかのように思い込ませてきたのかもしれない。

|

« 女の子を天使に譬える訳 | Main | 現在のNHKに公共性など期待していない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 孫はなぜ可愛いか?:

« 女の子を天使に譬える訳 | Main | 現在のNHKに公共性など期待していない »