« 恐るべき日本人の知性の低下 | Main | 芸術による宗教的体験 »

2005.12.02

乙女の祈り

アンデルセンの「絵のない絵本」の一番最初のお話は何度読んでも新鮮なイメージが浮かびます。
カモシカのように身軽でイブのように美しい娘・・・!
火のついた松明を河に流し、見えている間に火が消えなければ「あの人」は生きていると信じています。
ラフ画で失礼します。

pe



にほんブログ村 美術ブログへ




愛のクリックをお願いいたします

|

« 恐るべき日本人の知性の低下 | Main | 芸術による宗教的体験 »

Comments

前も「絵のない絵本」について書かれていましたよね!私もあの本は大好きで手元においてあります。表現が素晴らしいですよね。あんなに薄いのがちょっと残念です。

Posted by: 川村 | 2005.12.02 02:50 PM

私がアンデルセンの作品で一番興味深く面白いと思うのは、なんと「アンデルセン自伝」です。まさに、彼の童話のエッセンスが全部詰まっているようです。
「絵のない絵本」は高校生の時に購入したものをいまでも愛読しています。
本当に薄いですが、あれほどイメージが沸く作品はちょっとないです。

森鴎外の翻訳による「即興詩人」は、格調高い文語体が難しく、全く歯が立ちません。しかし、画家の安野光雅さんが、素晴らしい絵本にしてくれています。
いわさきちひろさん、高橋真琴さん、スベン・オットーらによる絵本もいろいろ持っています。
アンデルセン生誕200年の割に、盛り上がっていないような気もします。

Posted by: Kay | 2005.12.02 06:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 乙女の祈り:

« 恐るべき日本人の知性の低下 | Main | 芸術による宗教的体験 »