« 聖なる乙女のクリスマス | Main | 人類の友、そはワンコなり »

2005.12.11

芸術は細部に宿る

「芸術は細部に宿る」という言葉は、およそクリエイターなら誰でも知っているような雰囲気はあるのですが、私は知りませんでした。
で、調べてみましたら、「・・・は細部に宿る」という言葉は驚くほど多くあります。
元々の言葉は「神は細部に宿る」(建築の3大巨匠と言われる20世紀ドイツの建築家ミース・ファン・デル・ローエの言葉)ではないかと思いましたが、まさにこの世の真理ですね。
対極の言葉として「木を見て森を見ず」といった、昆虫的視点ではなく鳥瞰的な視点を持てという戒めがありますが、逆に「実を見て木を知る」という言葉もあり、「木を見て森を知る」といったこともあると思います。

私の専門がコンピュータシステム開発ですが、プログラミングを他者(社内の場合も社外の場合もある)に依頼することが多いですが、プログラミングコードの一部を見れば、良いか悪いかはすぐに分かります。
ハッカー(達人的プログラマ)の世界では、特に優れたプログラマをグルとか神とか言いますが、彼らの技は確かに細部に宿っているように思います。

|

« 聖なる乙女のクリスマス | Main | 人類の友、そはワンコなり »

Comments

始めまして。美術ブログに参加しています。経理マンといいます。私も遥か前、銀行のオンラインシステムの開発で「コボル」とい言語を使い、プログラミングの仕事をしていました。今ではそのときの仕事が身を結び、銀行間の情報がオンラインで結ばれ、社会の役に立っているのを側聞しては隔世の念があります。現在、経理一筋で好きな美術品鑑賞も行っています。貴ブログでの女性の絵、素敵ですよね。感動しました。それではまた、拝見させてもらいます。

Posted by: 経理マン | 2005.12.11 at 12:44 PM

経理マンさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
コボルはかなり前に少しやったことがあるのですが、もう忘れていると思います。ただ、近年コボルが見直されていると聞きます。
そういえば、このブログで私の絵を誉めていただいたのは初めてです(笑)。
ネット上全般でも、誉めざるをえない立場の方(絵の投稿を受け付けるサイトの管理者)を除けばお二人目です(^^;
お互い、美術の良さを広く知らせていきましょう。私自身、芸術に目を向けるようになってから、システム開発者としての能力すら飛躍的に向上したように思え、本来、全ての人に芸術が必要だと思うようになってきております。
貴殿のブログの配慮ある知的な美術品のご紹介はとても素晴らしいと思います。

Posted by: Kay | 2005.12.11 at 03:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/7567932

Listed below are links to weblogs that reference 芸術は細部に宿る:

« 聖なる乙女のクリスマス | Main | 人類の友、そはワンコなり »