« フィギュアスケートは芸術か? | Main | 天才とは何か? »

2005.12.21

マオ=ミドリ+クリスティ?

1992年のフランス・アルベールビル冬季五輪の女子フィギュアスケートは、日本の伊藤みどりとアメリカのクリスティ・ヤマグチの勝負との前評判が高かったが、その通りにヤマグチが優勝し、伊藤は銀メダルだった。
クリスティ・ヤマグチは日系の3世と聞いた覚えがあるが、容貌はほぼ日本人だった。しかし、身長145センチの伊藤みどりが小柄過ぎたこともあるが、ヤマグチは大人っぽく優美で、アメリカの新聞に「ミドリの演技は我々を驚かせるが、クリスティはうっとりさせてくれる」という、よく考えたら「ちょっと待て」と言いたくなる記事もあったようだ。
しかし、この記事の文言通り、「ジャンプの伊藤」と「表現力のクリスティ」の勝負であった。もちろん、この頃の伊藤は表現力もあり、ヤマグチの技術も高かったが、やはりこの表現がお互いの特質を表していた。

ところで、浅田真央を見ていると、伊藤みどりのジャンプとクリスティ・ヤマグチの表現力を兼ね備えているように感じる。もちろん、時代の違いもあり、さらに進化したものを併せ持っているように思う。幼く見えるが、長い手足を生かした優雅な表現力も素晴らしく、ジャンプや片手ビールマンなどの高等テクニックと併せ、ほぼ完璧な選手であると思った。

尚、米国ではフィギュアスケートの金メダリストにはCM出演依頼の膨大なオファーが来るものらしいが、ヤマグチにはあまり来なかったらしい。美形ではあるのだが、あまりにも日本人的な容貌が敬遠されたようである。バブル経済絶頂期の日本は何かと反感を持たれていたのは確かと思う。

|

« フィギュアスケートは芸術か? | Main | 天才とは何か? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マオ=ミドリ+クリスティ?:

» クリスティ・ヤマグチ [site-punky.blog:jp]
アメリカのオリンピック中継はNBC独占で編集しまくりで、当然のようにアメリカの選... [Read More]

Tracked on 2006.02.15 05:38 PM

« フィギュアスケートは芸術か? | Main | 天才とは何か? »