« 芸術家の条件 | Main | 輝く肖像画の秘密 »

2005.11.23

人魚姫の最後をご存知?

私が一番好きな絵は、偕成社の絵本「にんぎょひめ」の最終ページの、天に昇る人魚姫の絵です。いわさきちひろさんの絵です。子供向けの絵本なので、原作にある複雑なお話は省いてありますが、曽野綾子さんは、人魚姫が「かなしみではなく、ひとをあいしたよろこびにつつまれながら」天に昇っていったと書いています。
この名文とあいまって、淡い色の空に人魚の姿の人魚姫が両手をひろげて昇っていく後姿が胸突きました。
原作では、人魚姫は空気の娘(風の精)の仲間になり、300年間修行をすることになります。
で、全く違う構図ですが、私もちょっと描いてみました。

shoten

Corel Painter 9, WACOM intuos2 i-620使用

にほんブログ村 美術ブログへ
よろしければ、クリックして日本ブログ村美術ブログにお越しください。

|

« 芸術家の条件 | Main | 輝く肖像画の秘密 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 人魚姫の最後をご存知?:

« 芸術家の条件 | Main | 輝く肖像画の秘密 »