« 学校での美術教育は必要か | Main | 可愛い顔の描き方 »

2005.11.26

絵のテーマをどう探すか

素人画家なら分かるが、絵を志すような人でも「何を描けば良いのか」で悩むことがあるものらしい。

このことに関し、いろいろな画家について調べたが、つまるところは横尾忠則さんが言われた、「10代で経験したことをどう使うかが鍵」だということと思う。
特に10代でなくても、もっと以前でも良いのかもしれないが、あまり偏見を持たない頃、強烈な感覚を一瞬に受けたか、あるいは、適度な刺激を継続して受けたかはいろいろであろうが、本能的な部分に深く刻み込まれたものや、その応用をテーマにするのが1つの良い方法と思う。
また、これは画家に限らず、芸術家全般や、芸術以外の分野でもあてはまることは大変に多いと思う。
偉大な芸術家、企業家、スポーツ選手などが、その道を志した理由を知ると、意外に平凡である場合が多い。
こう考えると、少年少女時代に、ことさら特別なことでなくても、いろいろなものを見たりしたりできるようにすることは大事なことであると思う。
また、大人になっても、方向性を定める際には、少年少女時代に根を持つ根源的な嗜好に気をつけてみることも価値があると思える。

にほんブログ村 美術ブログへ

|

« 学校での美術教育は必要か | Main | 可愛い顔の描き方 »

Comments

はじめまして。
私は少しばかり美術に関係しております。自分には創る能力はありませんが、友人達がその人達です。
私は極端なアナログ人間であり、友人の作家もそのようであると想っていますが、あなたの文章を拝見していると、これからの作家は、それだけでは駄目であるように感じます。
パソコンも苦手、論理的思考も苦手ではありますが、このブログで勉強させていただきたいと思います。宜しくお願いいたします。

Posted by: じゅんのすけ | 2005.11.26 at 05:19 PM

じゅんのすけさん、はじめまして。ココログ仲間ですね。
私は極端なデジタル人間と思われているようです。私も、今後のIT技術者はそれだけではダメだと思っております。
ほんの少し絵を描いているうちに、私にも少し鳥瞰的な思考が少しできるようになったと思われます。ただ、絵画の鑑賞などはまだまだです。私もじゅんのすけさんのサイトでお勉強しようと思いますので、よろしくおねがいいたします。

Posted by: Kay | 2005.11.26 at 06:33 PM

kayさんの参考になるものが書けるとは思いませんが、自分の言葉で、知っていることを少しずつ書いていこうと思います。
お忙しいとは思いますが、時々覗いて頂ければ幸いです。
私の方も時々、お邪魔させて頂きます。

TBさせて頂きました。kayさんも、私の拙い文章にTB、コメントなど頂ければありがたいです。

Posted by: じゅんのすけ | 2005.11.26 at 09:41 PM

TBありがとうございます。
じゅんのすけさんのブログやWebサイトのご発言はレベルが高くて、なかなか私には歯が立ちそうにありません。
しかし、必ずやしっかり読ませていただいて私なりに考え、少しは役に立つ発言ができればと思います。少し時間がかかるかもしれませんが、気長にお付き合いいただけると嬉しいです。

Posted by: Kay | 2005.11.27 at 01:35 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/7326306

Listed below are links to weblogs that reference 絵のテーマをどう探すか:

» 葛飾北斎展 [イノセントハウスの住人達へ]
今日、かねてからの懸案であった北斎展に、やっとでかけた。事前の情報で混んでいるこ [Read More]

Tracked on 2005.11.26 at 09:43 PM

« 学校での美術教育は必要か | Main | 可愛い顔の描き方 »