« 最高の美術教育の場 | Main | 美術教育の矛盾 »

2005.11.10

ピカソはどこがいい?

「ピカソって、いったいどこがいいの?」と思ったことのない人はあまりいないと思う。
絵の先生だって、納得いく説明をしてくれたことはないと思う。
もちろん、私にだって分からないし、別に分かる必要もない。実際に絵を見て、個人的に何かを感じれば良いだけのことである。どういう風に感じないといけないということはない。
ただ、ピカソのバックグラウンドを知っているか、また、絵を見る者がどんなバックグラウンドを持っているかということも、絵から何を感じるかに大きな影響を与えると思う。
ところで、ピカソについてよく出る次の質問の答は知っていても良いと思う。

(1)ピカソって、本当に絵が上手いの?
(2)ピカソのような絵って、誰にでも描けるんじゃない?

答は両方Yesである。
別に、ピカソは上手いから偉いのではないが、ピカソは恐ろしく上手い。天才である。彼の十代前半の技能に追いつくことすら至難の業である。
ピカソの抽象画は、技能という点からいえば見てのとおり難しくはない。岡本太郎さんがそう書いていたから間違いないと思うが(笑)、私もそう思う(ただ、あまり信じないように・・・)。

ピカソに関しては、岡本太郎さんが「青春ピカソ」(新潮文庫)に詳しく書いてくれている。やや叙情的過ぎるような気もしたが・・・。また、池田満寿夫さんの「私のピカソ 私のゴッホ」(中公文庫)も池田さんの個人的な手記の雰囲気が濃いが、その個人的視点が実に面白かった。

|

« 最高の美術教育の場 | Main | 美術教育の矛盾 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ピカソはどこがいい?:

« 最高の美術教育の場 | Main | 美術教育の矛盾 »