« これからの芸術 | Main | 美術教育への最大の貢献 »

2005.11.06

顔の描き方

顔を描く時、どんな描き始め方をするだろうか?
いろんな画法の本を見たが、大抵、著者は一流の画家やイラストレーターなのだが、書いてあることは全然違う。卵型を最初に描く方法、球を描く方法、立方体を描く方法・・・。
こうなると、我々初心者は全く混乱する。全部試して自分に合ったのを採用すれば良いのだと思うが、実はどの方法でも複雑過ぎたり、正確なところが分からず、役に立ったためしがない。「この線を3分割し、2つ目の先端が鼻で・・・」とか言われても、角度が違えば3分割のそれぞれの比は異なるので、純粋に3分割すればあきらかにおかしくなる・・・なんて場合だらけだった。
あるいは、目から描きはじめるという人がいて、その人はなかなか上手かったりするのだが、私には難しい。鼻から描くという優れた画家がいて、人にも薦めるのだが、これは相当な練習を覚悟する人向けと思う。
プロのやり方をアマチュアが真似して一般に失敗しているというものは意外に多く、例えばゴルフがそうであるという話を聞いたことがある。この話をしてくれた人は50歳を過ぎてゴルフをはじめ、関西ニシア優秀、エージシュート2回、飛距離370ヤードという凄い人だったが、「ジャック・ニクラウス式のショットを普通の人がやってもダメ」と断言していた。
で、顔の描き方だが、一般には顔の輪郭からはじめる場合が多いと思う。私の場合は、頭のてっぺんとアゴを描くことを最近からはじめたが、これが良い感じであった。
自分にあってたら何でも良いと思う。きっと優れたプロだってやり方は大変な種類があると思うし、とんでもない変則派もいるに違いない。
こうでないといけないという描き方はないと思う。

|

« これからの芸術 | Main | 美術教育への最大の貢献 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 顔の描き方:

« これからの芸術 | Main | 美術教育への最大の貢献 »