« 美術教育と右脳開発 | Main | ピカソはどこがいい? »

2005.11.10

最高の美術教育の場

私は半年程前まで、ある有名な漫画家さんのサイトに設置されたお絵かき掲示板で、小・中学生と一緒に自分の描いた絵を出し合っていましたが、みんな自由に楽しく描いてました。あきらかにみんな私より上手かったですね(笑)。
上手くない子もいましたが、みんなはその子の絵の良いところを誉めてあげますので、その子も勇気付けられて描き続け、やがては上手くなりました。そして、上手い子はさらに上手くなっていきました。
ベティ・エドワーズの「脳の右側で描け」にも書かれていましたが、得てして、教育現場や家庭で絵を描くと、その絵に対して教師やその他の大人から批判を受けて自信を失くしてしまう場合も多いらしいのですが、そこでは全くそんなことはありませんでした。上手くない子も、他の子のアドヴァイスを素直に受け入れていました。
何よりも、敬愛する漫画家の先生に絵を見てもらえることが、子供達の大きな励みだったことはいうまでもありません。
コリン・ウィルソンが「至高体験」で「いかなる才能、能力といえども、動機、欲求、衝動なのである」と書いていましたが、こういうのは、もしかしたら最高の美術教育の場かもしれませんね。
virgin


日本ブログ村美術ブログベストテンランクイン記念に描いてみました.。
見ていただいた皆様、本当にありがとうございます。

よろしければ、クリックして美術ブログにお越しください。
にほんブログ村 美術ブログへ

|

« 美術教育と右脳開発 | Main | ピカソはどこがいい? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 最高の美術教育の場:

« 美術教育と右脳開発 | Main | ピカソはどこがいい? »