« シャロワ | Main | デッサンのやりかた、学び方 »

2005.10.29

文章からのイメージ

詩や文章から視覚的シメージが広がることはもちろんあるだろう。当然、同じ詩でも浮かぶものは人によって様々であり、極端に違うこともある。違ってはいても、精神の根源部分から何かを引き出すのが優れた作品だろうか?
アンデルセンの「絵のない絵本」は画家に素晴らしいインスピレーションを与えるものらしく、数多くの「絵のある」「絵のない絵本」が作られた。確かに、読んでいると情景が鮮やかに浮かぶような気がする。
当然、海外文学は翻訳で読むしかない場合が多いので、翻訳者の手腕の重要さも問われるのだと思う。森鴎外が翻訳したアンデルセンの「即興詩人」は名訳の誉れ高いが、私にはさっぱり分からなかったのだが・・・。
個人的には、最も美しいイメージが浮かぶのはアイルランドのW.B.イェイツだ。特に「まだらの鳥」という、イェイツの自伝的小説の、海の上の中空に浮かぶ精霊の少女や、絶世の美少女マーガレットの描写は凄かった。イェイツは父親が肖像画家で、自らも元々は画家を目指していたらしい。だからこそか、かえって直接的な視覚描写を避けているようにも思えるのだが、ある意味、日本の和歌や俳句が、なるべく言わないで読む者に想像させるようなものだろうか?

|

« シャロワ | Main | デッサンのやりかた、学び方 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 文章からのイメージ:

« シャロワ | Main | デッサンのやりかた、学び方 »