« ゴッホ | Main | 芸術とらくがき »

2005.10.05

芸術の誤解

イチローのバッティングを「芸術的」と聞くことがよくある。
このことも芸術に関する誤解を表しているかもしれない。
優れたバッティングを「職人芸」と呼ぶこともあるが、これは正しいと思う。イチローのバッティングも芸術的というより優れた職人芸である。
芸術の価値は、「優れている」「磨き抜かれている」とは根本的には無関係である。
例えば、打率が低く、プロで通用しないバッターのバッティングの中にも芸術的なものがあるかもしれない。
歴史的な画家の中にも、決して上手くはない画家も少なからずいる。岡本太郎が絶賛した縄文式土器や古代の壁画も、決して長く厳しい修行をした者が作ったわけではないだろう。
写真のように実物そっくりな絵は職人芸であり、芸術技ではない。

|

« ゴッホ | Main | 芸術とらくがき »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3170/6262696

Listed below are links to weblogs that reference 芸術の誤解:

» ニッポン・ヴンダーカマー 荒俣宏の驚異宝物館 [鴉工房]
今日は群馬県立自然史博物館へ妻と出かけた。天気予報では雨が上がる予報だったのだけ... [Read More]

Tracked on 2005.10.18 at 01:25 AM

« ゴッホ | Main | 芸術とらくがき »