« 芸術の誤解 | Main | 絵はお里が知れる? »

2005.10.06

芸術とらくがき

横尾忠則は、「自分の芸術は天国の美を地上に伝えるため」と使命を語っている。また、芸術家には狂気が必要という。
池田満寿夫は、「自分の芸術は便所の落書きのようなもの」と言う。また、自分には狂気なんてないという。
そして、岡本太郎は、芸術は間違いなく呪術であるという。呪術的なメッセージがないといけないのだそうだ。
しかし、つまるところ、どれもよく分かる。便所の落書きにだって天国の美はあるだろうし、メッセージはあるだろう。
それに横尾忠則だって、芸術のモチーフは生活から離れたものではないと言うし、池田満寿夫も同様なことを書いている。岡本太郎の言う「描かねばならぬ衝動」だって、他人からみてご大層なものとは限らず、便所の落書きであっても良いわけである。
ところで、最近は便所の落書きの質が落ちているらしい。猥褻なものが多いのは昔と変わらないが、単純で露骨なものが増えているらしい。これは思考力の低下と考える学者もいるが私も同意見である。単純な言葉を羅列するだけのメールや、反応しているに過ぎないゲームのせいで思考中枢を完全に迂回する習慣ができ、考える力を失っているのである。

|

« 芸術の誤解 | Main | 絵はお里が知れる? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 芸術とらくがき:

« 芸術の誤解 | Main | 絵はお里が知れる? »