« 文章からのイメージ | Main | これからの芸術 »

2005.10.31

デッサンのやりかた、学び方

デッサンの教本なんて沢山売られていますが、私が読めたものは全くありません。
アンドリュー・ルーミスの本は印象としては良かったのですが、解剖学だの骨と筋肉の構造を頭に入れ、常に意識して描けだの、私にはとてもとても・・・。もっとも、あくまでプロの商業画家を目指す人のための本ですので、私には合ってなかったかもしれません。
岡本太郎さんになると、そんなことは絶対に言わない。「構わないからどんどん下手にやりなさい。下手なほうがいい。うまく描こうなんて思っちゃいけません」です。
デタラメにやれってことですが、これが一番難しく、非常に突き放した言い方でもありますね。
で、やっと気に入った本を見つけました。「池田満寿夫の人物デッサン」(河出書房新社)です。素晴らしい本でした。何が素晴らしいかというと、自分にもできるという自信や勇気を与えてくれる本だからです。訓練を積んだ先生が自分のやり方を押し付けて生徒に自信もやる気もなくさせる場合が多いのとはかなり違います。

池田満寿夫さんも「こうでないといけないといった描き方は絶対にない」といい、好きなようにやればいいというのは岡本太郎さんと似ているのですが、池田さんは自分のやり方は惜しみなく披露してくれています。「あくまで私のやり方」と断った上で。

池田さんは、あちこちの本でちょっとずつ書いているのですが「描くより消す方が好き」とこの本で改めてはっきり表明したことでなるほどと思いました。
そもそもが、芸大受験のデッサンでも消しまくって真っ黒になった紙を出して落ちたとか。
消すのが好きなんて、彫刻家に向いていたのかもしれません。そういえば、池田満寿夫さんが大好きなイタリアのモディリアーニは彫刻家でもあり、池田さんは彫刻とモディリアーニの絵の関連性も指摘していたことがありました。
ただ、消した後の痕跡を大事にしたいようでした。その偶然できた形を発展させる面白さです。とても面白いと感じました。

|

« 文章からのイメージ | Main | これからの芸術 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference デッサンのやりかた、学び方:

« 文章からのイメージ | Main | これからの芸術 »