Main | 芸術の誤解 »

2005.09.23

ゴッホ

黒澤明監督の「夢」の第5話はゴッホのお話だ。ゴッホを演じるのは、なんとマーチン・スコセッシ!
私はスコセッシといえば、マイケル・ジャクソンのショート・フィルム(短編映画)「BAD」を思い出す。
ゴッホ役は芸術家でないといけないということで、スコセッシに依頼したようだ。
そして、スコセッシのゴッホ役は見事だった。
「絵になる風景を選ぼうとするな。どんな風景も美しい」
そして、機関車のように絵を描くゴッホ。これぞまさしくゴッホである。
ゴッホのこの言葉はどこから取ってきたのだろう。ゴッホは膨大な手紙を書いており、それが書籍になっているが、そこからだろうか?
私は、この言葉から、コリjン・ウィルソンの至高体験を思い出さざるをえない。至高体験では、この世は意味に満ちていることが実感され、その脅威に圧倒される。至高体験の心理学的研究で有名なマスローによると、至高体験は偶然に、そして極めて稀に訪れるというが、ウィルソンは意図的に起すことも可能であり、そして、それはありふれた体験とする。
しかし、ほとんどの者は至高体験を忘れる。
ゴッホは絵を描くとき、いつも至高体験の状態にあったのかもしれない。それは普通の人から見れば狂気かもしれない。

|

Main | 芸術の誤解 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ゴッホ:

Main | 芸術の誤解 »